XPT Compare

   
非臨床領域でのCDISC SENDフォーマットの
XPORTファイルの編集およびQCチェック作業をサポート
 

XPT Compare とは

XPT Compare とは
 
SENDデータのQCチェック作業をサポート
 XPORTファイルとCSVファイルの変換機能を利用して、データ値の編集(修正)や変数属性をExcel環境で実施し、XPORTファイルの編集(修正)作業の監査証跡用の変更履歴情報(バリデーション資料)をドメイン単位で取得することができます。
 また、ドメインごとの変数情報の取得機能を利用することにより、ドメイン単位での変数の追加や削除、変数属性の変更が可能です。変更した内容は変更履歴情報(バリデーション資料)として出力します。
 
使いやすい操作環境
  マウス操作での使いやすいユーザーインターフェースにより、簡単にXPORTファイルやCSVファイルの変換が可能です。実行したタスクの内容は、実行履歴情報として出力することができます。
 

XPT Compare の特徴

XPT Compare の特徴
 
SENDデータの編集
XPORTファイルのSENDデータを編集(修正)したい場合、簡単な操作でCSVファイルに変換し、Excel環境でデータの編集(修正)ができます。また編集後のCSVファイルを簡単な操作でSEND形式のXPORTファイルに変換できます。

SENDデータのQCチェック作業を軽減
編集(修正)前と編集(修正)後のXPORTファイルのデータ値の比較を実施し、監査証跡用の履歴情報として出力します。ドメイン単位にデータ値の変更前後の比較、変数の追加や削除の比較、変数属性の比較、行の追加や削除の比較に関するチェック結果を出力できるため、QC作業時の全件目視チェックを行う必要がなく、チェック作業を軽減します。
 
 

機能概要

機能概要
 
 
 ①ドメイン単位(1ファイル単位)でXPORTファイルをCSVファイルに変換する
 ②複数のXPORTファイルを一度にまとめてCSVファイルに変換する。
 ③ 変換したXPORTファイルの変数情報(変数属性)を出力する。
 ④変換作業時の実行履歴情報を出力する。
 
 
 
 ①ドメイン単位(1ファイル単位)でCSVファイルをXPORTファイルに変換する。
 ②複数のCSVファイルを一度にまとめてXPORTファイルに変換する。
 ③変換作業時の実行履歴情報を出力する。
 
 
 ①ドメイン単位(1ファイル単位)で編集前後のXPORTファイルを比較する。
 ②複数の編集前後のXPORTファイルを一度にまとめて比較する。
 ③編集前後のXPORTファイルの変更履歴(監査証跡)を出力する。
 ④変換作業時の実行履歴情報を出力する。
 

システム要件

システム要件
 
 

お問合せリンク

お問合せリンク
 
   
 
 
※SASは、米国及び各国での米国SAS Institute Inc.の登録商標です。
※Excelは、米国Microsoft社の登録商標です。
※Adobe PDFは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における登録商標です。